20代からの小じわケア

20代といえばまだまだ若い年齢ではありますが、最近では生活習慣が不規則になりがちであることから20代前半であっても小じわができてしまう人がたくさんいます。
さらに20代後半ともなるとさらに小じわに加えて目元にもシワが目立つようになります。
まだ若い20代のうちになぜ小じわができてしまうのかという理由については、肌の乾燥が主な原因です。
最近は昔とくらべて家庭や仕事でエアコンが使われていることが多いため、季節に関係なく肌が乾燥しやすい環境にあるといえます。
肌の乾燥は、内部にある水分量が少なくなる原因となりますので、その分肌の弾力性も低くなり、笑った時などにシワができやすくなります。
一度できたシワは肌の弾力が低下していることから消えずに残り小じわが作られるもととなります。
そのままできたシワを放置していると、30代になるとさらに小じわがくっきりと出てしまい、もっと深いシワになりかねません。
ではシワができないように表情をあまり変えなければ良いのではないかと思われるかもしれませんが、それはそれで表情筋の低下につながり「肌のたるみ」の原因となってしまいます。
そのため、小じわ対策をするのであれば肌が乾燥しないように注意することが重要となります。

 

次に気をつけたいのが女性ホルモンです。
30代を過ぎると少しずつ女性ホルモンが減ってきますが、女性ホルモンの現象はさらに肌の乾燥の原因となります。
そのため、できるだけ早い段階で保湿をしておくことが大切です。
一度乾燥してしまった肌というのは、その後改善させることが難しくなります。

 

その点、小じわについては皮膚の表面にできるだけのため、深いシワに比べると改善しやすいとい特徴を持っています。
そのため、保湿力の高い化粧品を利用して保湿ケアをしっかりと行うことで小じわを少なくすることは可能です。

 

保湿力にすぐれた化粧品として高い人気があるのは、ディセンシア アヤナスです。
これはセラミドナノスフィアという浸透性に優れたセラミドを利用しており、肌の保湿力を高める効果も期待できます。