30代からの小じわケア

30代になると体の調子というものは若い頃に比べて低下しますが、これと同じことが肌の状態にもいえます。
たとえば30代を過ぎると少しずつ女性ホルモンの分泌量も低下するといった現象が起きますが、その結果肌そのものの質もこれまでと異なり、様々な肌トラブルが起こる原因へとつながります。

 

そのため、スキンケアの方法についても20代の頃と同じ方法で行うのではなく、30代のスキンケアについては年齢に応じたスキンケア方法を選ぶことが大切です。
たとえば「小じわ」というものは20代の頃はそれほど気にならなかったものの、最近突然気になり始めたということであれば、それに応じたスキンケアを行う必要があります。

 

肌にハリがなくなる原因としては、女性ホルモンの分泌量の低下もさることながら、エラスチンやコラーゲンといった肌のハリを保つための成分量の低下が考えられます。
そのため、スキンケアを行うということであれば、肌に対してはエラスチンやコラーゲンを生成しやすくするための成分を浸透させることが大切です。
重要なのは、いかに肌の内部でコラーゲンなどが生成しやすい状態にできるかどうかという点です。
肌の内部に変化があれば小じわなどの改善効果も期待できます。

 

とはいえ、30代をすぎるとどうしても肌のターンオーバーも低下しますので、それだけ浸透力も低下することになります。
肌の表面だけ成分を浸透させても改善されない可能性が高くなりますので、たとえば肌の奥までビタミンCやセラミドなどといった成分が浸透できるような化粧品を選ぶと良いでしょう。

 

ちなみに、浸透力が高く保湿効果も優れている化粧品としては、ディセンシア アヤナスがあります。
これはコウキエキスやセラミドといった保湿性の高い成分が配合されており、幅広い層から人気の商品となっています。
このディセンシア アヤナスは10日のトライアルセットの用意もありますので、効果のほどを確認するのであればこのトライアルセットで試してみると良いでしょう。