40代からの小じわケア

40代になると30代までの頃に比べてかなり肌への負担が大きくなるものです。
これは、それまでの年代で蓄積された肌の乾燥が原因とされています。
こうした理由から、化粧品を利用してスキンケアを実施しても肌の痛みを感じるケースがあるかもしれません。
肌にはもともと「バリア機能」が備わっていますが、これが乾燥によって機能が低下した状態になり、その結果刺激に弱い「敏感肌」の状態になってしまいます。
また、肌そのもののターンオーバーも年齢が若い頃に比べるとかなり低下していますので、小じわができてもすぐに解消ができないのはその点が理由といえます。
この原因となるのが、肌の内部にあるエラスチンやコラーゲンなどといった肌への弾力を作り出すための成分が少なくなってくる、という点です。
そのため、40代を過ぎた後の小じわケアについては保湿力が高く刺激が少ない化粧品を利用してスキンケアを行うことが重要となります。
ここで注意したいのが、「値段が高いもの選ぶ」という場合です。
高い化粧品であればそれだけ高い効果が期待できると思われがちですが、これについてはこの限りではなく、値段が高いからといって小じわに有効な成分が含まれていなかったり、あるいは浸透率が低かったりといった可能性があります。
確かに化粧品を選ぶにあたって金額は重要な判断基準ではありますが、それだけにこだわるのではなく、どんな成分が使われているのか、どの程度の濃度で浸透しやすいものであるかどうかという点を重視すべきであるといえるでしょう。
というのは、40代になれば肌への浸透力も低下しますので、できるだけ浸透力の高いものを選ぶことが重要となります。
また、肌にとって良い成分が使われていてもそれが肌の質に合わなければその分負担となってしまいますので自身の肌質に最適な化粧品であるかどうかを確認する必要があります。

 

こうした事情を考えると、いきなり購入を決めるのではなくまずは試供品やテスターを利用してから購入を考えると良いでしょう。
40代の女性を中心に人気を集めている化粧品のひとつに「リペアジェル」というものがあります。
これは低い刺激であること、そして無添加で植物成分のみ配合されていることから非常に高い安全性を持っています。
そのうえビタミンCの濃度も高い状態で配合されていますので、肌のハリも回復しやすくなることから小じわ対策にも有効といえます。