小じわ対策はコラーゲンだけで十分?

肌にハリを与えるための代表的な成分といえるのがコラーゲンです。
このコラーゲンは、確かに肌へのハリを与えるうえで欠かせない成分であり、化粧品にもよく使われているのですが、実はコラーゲン繊維というのは外部からの補給では難しいものとなっています。

 

ちなみに、コラーゲンには2種類あります。
ひとつは肌の奥にある真皮層に含まれるコラーゲンであり、こちらは肌への弾力やハリを出すうえで必要な成分となっています。
もうひとつのコラーゲンは表皮に存在するもので、こちらは肌の保湿についての役割をもっています。
コラーゲンを外部から取り入れようとした場合でも真皮層まで浸透させることは基本的には不可能ですので、シワ対策のためにコラーゲンを外部から取り入れても改善させることは難しいのではないでしょうか。

 

シワができる原因としては、肌の乾燥が大きな要因となっています。
乾燥によって真皮層に含まれているコラーゲン繊維がダメージを受けることでシワができます。
また、加齢もシワができる要因となります。
そのため表皮のみ保湿をしてもシワを改善させることは難しいといえます。
その意味では、シワを改善するためには肌の内部より改善していくという方法が最適なものであるといえるでしょう。

 

そのうえで肌の弾力やハリを作り出すエラスチンやコラーゲンが活性化されるということがひとつの条件となります。
これらの成分が生成されなければ当然ながらコラーゲン不足となります。
こうした背景を考えると、コラーゲンを活性化させるのであれば外部から供給するのではなく肌がコラーゲンを生成しやすくなる成分を内部から与えるようにするほうが良いでしょう。

 

外部からコラーゲンを供給するという場合は小じわについての改善は期待できます。
ただし、真皮層についての影響がある関係から深いシワに対しては効果がありませんので肌の内部にあるコラーゲンの生成そのものを活性化させる成分を取り込むという方法を選ぶようにしましょう。